兄弟のように

うちに愛猫トラが来て4年が経ちました。
里親探しサイトにてトラを見つけてうちで飼うことにしたのが出会いです。

はじめは本当に臆病で部屋のひと所に止まって動かない日々が続き、私たちが留守の間にご飯やトイレを済ませていたほど。

1週間くらいそんな日々が続きましたが徐々に慣れてきてくれて初めて膝に乗ってくれた時はすごく嬉しかったです。

そんなトラも成猫になりましたが寂しがり屋で臆病なところは当時と変わらず。

2~3日、家を開けることがあると寂しさから変なところで排泄をしてしまったり、ソファで爪研ぎをしてしまったり。

家を空けている間は実家の母や父がお世話に来てくれていましたが、やはり私たちでないといけないようでした。

一昨年、私たち夫婦にも娘が生まれ、現在2歳。娘はトラが大好きでいつもトラを追いかけては笑っています。

トラも迷惑そうな顔をしながらも娘にすり寄ってきたりしているのでまんざらでもない様子。

お転婆な娘なので必要以上にトラにちょっかいを出し猫パンチを食らうこともしばしば。

その時は泣いていますが時間が経つと忘れたようにまた一緒に遊んでいます。

人間と動物ですが兄弟のように仲が良く見ていて微笑ましいです。

冬場は夜私たちのベッドに入り込んできて家族3人+トラで寝ています。
少々狭いですが、トラもみんなと寝ることにより安心するんでしょうね。

寂しがり屋で臆病で少々手のかかるトラですが、これからも元気で長生きしてもらいたいなと思っています。

このエントリーをはてなブックマークに追加

コメントは受け付けていません。

サブコンテンツ

このページの先頭へ