猫のおしっこづまり

cat

先日、うちの猫の「たま」がトイレに入ったまま長いこと
おしっこの格好をしていましたが、なかなか出ないようでした。

 

そのうち何度かトイレに行ったのですが、それでもおしっこは出ないようでした。

 

心配になりしばらく様子を見ていたら、おちんちんの先からぽとりと
血がたれるのに気づきました。

 

これは大変だと思い、かかりつけの動物病院へ電話をすると、
「尿道閉鎖かもしれない、命にかかわるからすぐに連れて来て」と言われました。

 

あわてて「たま」を動物病院へ連れて行くと、先生は「たま」のお腹を触って、
「おしっこが溜まっているね。

 

すぐに出してあげないと大変だよ」と言われ、おちんちんの先に
少しついていたおしっこを顕微鏡でのぞくと「やっぱり、結晶がつまっているね!見てごらん」
と言われ顕微鏡を覗かしてくれました。

ガラスの粒のようなキラキラした結晶が沢山見えました。

 

先生はすぐに処置をするけどそう簡単ではないからしばらくしてからまた来てと言われ
「たま」を置いて行く事にしました。

 

しばらくして先生から処置が終わった連絡を頂き「たま」を迎えに行くと
入院室でこちらを見て鳴いていました。

 

先生は、一応管を通しておしっこが出るようにしたし、膀胱の中もきれいに
洗っておいたけどまだ残っているかもしれないから数日様子を見るからと
言われ、入院することになりました。

 

退院時には全く問題無い状態でしたが、先生から体質的に結晶のできやすい
子みたいだからこれからは餌に気をつけてといわれ、その後石のできにくい
餌に変えています。

 

餌を変えたからなのかは分かりませんが今は問題なく過ごしています。

 

 

このエントリーをはてなブックマークに追加

コメントを残す

サブコンテンツ

このページの先頭へ