韓国の犬を食べる食文化

日本人が鯨の肉を食べるように韓国にも犬の肉を食べる文化がある
これに関しては、どの国にも文句?意見を言うことはできないと思っていました。

 

だって、昔はそれぞれの国では当たり前の食文化でしたからね
ネット社会になって、食文化が広まったことで鯨を食べるなんてひどい!
犬を食べるなんて残酷!と食べない国の人たちから非難されます。

 

私も、犬を食べるなんて想像しただけでも、涙がでてきてしまいます。
鯨だって、自分で育てていたら食べる事なんてできないでしょう

 

日本でも、かなり昔には犬を食べていたことがあるそうなんです。
明治生まれのお年寄りたちから、冗談で赤犬は旨いって聞いたことがあります。

 

そんな日本で犬を食べなくなったのは、犬が家族として育てられるようになったのと
食糧として食肉を育て、安く流通するようになったからでは?と思っています。

 
昭和60年代には、既に犬は愛玩動物、家族の一員として可愛がられていました。
アジア圏以外の外国では、もっと前からそうなっていたことでしょうね

 

韓国でも、その傾向に向かっているでしょうけど、まだ犬を食べるお祭りが
残っているので、犬肉市場というものもあるようです。

 

アメリカの動物保護団体が犬肉市場で黒いゴミ袋に詰められて捨てられるところ
保護して助かった犬がいるそうです。

 

韓国では、肉を美味しくするために犬を売る直前に虐待して値段をつり上げることをするそうです。
そのため、保護された犬は4本の足を縛られて幾日も吊り下げられていたために縛られていた部分の
圧迫により腐ってしまったために捨てられたようです。

 

獣医の外科的手術によって一命を取り留めることに。足先を4本とも失ってしまったが、
米アリゾナ州の家族が里親になろうと申し出てくれたそうです。

 

人間に酷い目にあわされたにも関わらず、保護された犬は、人間を警戒することなく
元気に暮らしているそうです。

 

いずれは、体の一部を切断しなければならなくなった人へのセラピードックとして
活躍してくれるでしょうとのことでした。

 

昔から人間の役に立ってくれている人間の大切な友達なんですよね
韓国の食文化はわかるけど、そろそろ本当に食べるのではなく代替え肉で
お祭りをしてもいいのではないかなと思います。

 

このエントリーをはてなブックマークに追加

コメントは受け付けていません。

サブコンテンツ

このページの先頭へ