ヘルニアになった愛犬

dog

実家にいた頃の話です。
今は結婚して、実家を出ています。じっかでは、パピヨンを買っていました。

本当にかわいくて、人懐っこくてまさに愛玩犬といわれるそのままでしたね。
大事にかわいがって、家族から愛されていたのですが、ある日、後ろ足の様子がおかしかったんです。

それまでは、軽々とぴょんと椅子に座っているわたしの膝の飛び乗っていきていたんですが、
そんな事も出来ず、なんだか様子がおかしかったんです。

とても心配になって、母と二人、愛犬を抱えて獣医さんへ行きました。

診察の結果、ヘルニアでした。

犬でもヘルニアになるの?え?ととても驚きましたね。

お医者様から詳しく話を聞いてみると、最近わんちゃんに多くなっているようです。
フローリングのお家が増え、その滑りやすいフローリングから高さのあるソファや
椅子に飛び乗るという好意が、わんちゃんの足腰に負担担っているとの事でした。

なんとかわいそうな事をしてしまったんだろう?と母と二人泣いてしまいました。

ですが、そこまでの重症ではなかったのが救いとも言えました。
その後、我が家ではソファに上るためのスロープを設置しました。

そのスロープでソファに上る事はできるので、ひとまず、飛び跳ねることはなく安心です。
獣医さんのお話に寄ると、重度のヘルニアのわんちゃんは後ろ足が車いすでの生活になるそうです。

原因は持って生まれてきた子もいれば、我が子のようにあとから
負担がかかりヘルニアになってしまうそうです。

 

 

このエントリーをはてなブックマークに追加

コメントを残す

サブコンテンツ

このページの先頭へ